シルバー人材センターとは




 会員とシルバー人材センター及び発注者の間には、雇用関係がありません。請負契約または委任契約により高年齢者にふさわしい仕事を企業・家庭・官公庁等から引き受け、会員に提供します。


 会員は「自主・自立・共働・共助」の理念に基づき自分たちで役員を選び組織や事業の運営に参画します。


 就業や収入の保証はありませんが、各人の希望と能力に応じた働き方ができます。




連合会 概要

■名 称
  公益社団法人 和歌山県シルバー人材センター連合会  


■事務所
  和歌山県和歌山市北出島一丁目5番46号 和歌山県労働センター2階  


■設立年月日
  平成10年9月1日  


■知事の指定
  「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(昭和46年法律第68号)」
第44条第1項の規定により 同法第42条第1項の業務を行う者として、
平成10年10月1日和歌山県知事から指定を受けています。
 


■目的
  連合会は、定年退職者等の高齢者(以下「高齢者」という。)の希望に応じた臨時的かつ短期的な就業又はその他の軽易な業務(当該業務に係る労働力の需給の状況、当該業務の処理の実情等を考慮して、厚生労働大臣が定めるものに限る。)に係る就業の機会を確保し、及びこれらの者に対して組織的に提供することなどにより、その能力を生かした就業その他の多様な社会参加活動を援助して、これらの者の生きがいの充実と福祉の増進を図るとともに、活力ある地域社会づくりに寄与することを目的としています。  


■事業
  連合会は、その目的を達成するために次の公益目的事業を行っています。
(1) 臨時的かつ短期的な就業(雇用によるものを除く。)又はその他の軽易な業務に係る就業(雇用によるものを除く。)を希望する高齢者のために、これらの就業の機会を確保し、及び組織的に提供すること。  
(2) 臨時的かつ短期的な雇用による就業又はその他の軽易な業務に係る就業(雇用によるものに限る。)を希望する高齢者のために、職業紹介事業又は労働者派遣事業を行うこと。  
(3) 高齢者に対し、臨時的かつ短期的な就業及びその他の軽易な業務に係る就業に必要な知識及び技能の付与を目的とした講習を行うこと。  
(4) 高齢者のための臨時的かつ短期的な就業及びその他の軽易な業務に係る就業を通じて、高齢者の生きがい充実及び社会参加の推進を図るために必要な事業を行うこと。  
(5) 前(1)~(4)に掲げるもののほか、高齢者の多様な就業機会の確保及び地域社会、企業等における高齢者の能力の活用を図るために必要な事業を行うこと。  

 


事業内容


■普及啓発事業

  県内全域における「シルバー人材センター事業」の理念の浸透と理解の促進に努め、実施地域における会員の確保及び受注の拡大を図るため、次の事業を重点に推進する。
また、シルバー人材センター未設置市町村に対する設置促進については、労働局及び県と連携し積極的に市町村への働きかけを行い、組織化を推進するための支援を行います。
(1) 普及啓発用リーフレット、「シルバー人材センター連合会のご案内」、全シ協が作成する「月刊シルバー人材センター」の配布。  
(2) 拠点センターが実施する普及啓発活動に対する支援。  
(3) 「シルバーの日」(10月第3土曜日)及び「労働福祉まつり」における普及啓発活動の実施。  
(4) 関係行政機関、各種事業主団体等との連携強化。  
(5) 連合会ホームページによる普及啓発。  
(6) センター未設置市町村に対する設置勧奨文(依頼文)及び「月刊シルバー人材センター」の配布。  
(7) センター未設置市町村に対する訪問による設置促進。  

 

■就業開拓等事業

  県内全域で高齢者自らの能力や希望に応じた就業機会の確保と就業分野の拡大を図るため、事業主団体を通じた周知広報に努め就業分野の開拓・拡大に関する情報提供・助言・指導を行っています。
また、広域的な需給調整を円滑に実施するため「シルバー仕事ネット」の普及拡大に努めています。
 

■安全・適正就業推進事業

  会員の安全は最重要課題であり「安全はすべてに優先する」を基本に取り組み、安全・適正就業を徹底するため、次の事項を重点に活動しています。
(1) 「安全・適正就業推委員会」の開催。  
(2) 「安全・適正就業推委員会」委員による作業現場のパトロールの実施。  
(3) 安全就業担当者等を対象とする研修会の開催。  
(4) 安全就業ニュースなどの情報提供。  
 

■高齢者スキルアップ就職促進事業

  多様化する高齢求職者のニーズ及び地域における産業構造、労働市場、事業主の高齢者求人ニーズ等を十分調査・分析し、地域の事業主団体の協力を得て各種技能講習を実施しています。
また、技能講習修了者を対象としたハローワーク主催の「管理選考会」を連携して開催し、雇用の情報提供を行い、就職に至らなかった求職者に対しては、ハローワークと連携の上、雇用の促進を目的としたフォローアップを実施しています。
 

■高齢者活躍人材育成事業

  高齢化や労働力人口の減少が進行する中、人手不足分野や現役世代を支える分野における高齢者の就業の促進は、①高齢者の生活の安定、生きがいの向上及び健康の維持・増進 ②企業の人手不足の解消 ③地域社会・経済の維持・発展等のために重要であります。シルバー人材センターが高齢者に人手不足分野等で就業する機会を円滑に提供できるようにするため、技能講習を開催し高齢者に就業に必要な能力を習得していただきます。  

■シルバー派遣事業

  シルバー人材センター連合会が派遣元事業主となり、発注者から業務を受注し、会員を「臨時的かつ短期的または軽易な業務」の範囲内で、発注者の事業所などに派遣する方法により業務を行う方式です。
会員は発注者の指揮命令を受けて働くことが目的となります。
 

■その他の事業

  ●交流研修事業  ●指導相談事業  ●職業紹介事業  
情報公開リンクボタン

事業実績公開リンクボタン